• ホーム
  • 外来で処方したピルの賞味期限

外来で処方したピルの賞味期限

笑顔の女性と花

外来で処方してもらったピルの賞味期限はピルの種類で異なります。
未開封のものでアフターピルあれば約半年はもつようになっています。
低用量ピルであれば約3年です。
シートや箱に賞味期限が刻印されていることがあるので、まずそこを確認しましょう。
しかしどちらのものも処方してもらったら出来るだけ早く使いきるようにしましょう。
また保存状態が悪ければ、もっと早くに賞味期限がきてしまいます。
もちろん開封済みのものはいけませんし、温度が高い場所や直射日光が当たる場所で保管していた場合には半年や3年もつことはないです。
そこは他の薬と同じなので出来るだけ保存状態を良くしておきましょう。
薬の賞味期限が切れてしまった場合や保存状態が悪かった場合に起こりうることといえば、使用した時に効力や作用が落ちてしまったり思わぬ化学変化が起こってしまいます。
ピルの場合には効かなかった場合、大変な事態を引き起こしてしまう可能性がありますので賞味期限が切れた場合には再度診察し、外来で処方してもらうほうが良いでしょう。
また薬自体が大丈夫な場合でも、飲み方を間違えてしまうと効き目がありませんので、賞味期限以外にも飲み方にも注意を十分に払いましょう。
ピルは自分の体を守るためには必要不可欠のものです。
賞味期限が切れて再び診察するのは抵抗があったり面倒に思う事もあるかもしれませんが、再度薬をもらう事は大切なことです。
賞味期限の切れたものを不安な気持ちのままピルを使用するよりも、使用出来るものを手に入れた方が気持ちの面でも良い効果があります。
また中には様々な理由からピルを使用できない人もいるので必ずその点についても医師とよく相談しましょう。

人気記事一覧
サイト内検索