• ホーム
  • ピルは生理痛以外に何に効く?

ピルは生理痛以外に何に効く?

微笑む女性

低用量ピルには、女性ホルモンが含まれており、経口避妊薬としてつかわれています。
このホルモンによって、排卵が起こるのを抑えられたり、着床のために子宮内膜が厚くなるのが抑えられます。
そのために、望まぬ妊娠のリスクをさげることができます。
低用量ピルの避妊の効果は、コンドームよりも高く、正しく服用することによって、100パーセントの避妊の効果があります。
低用量ピルは、毎日服用をする必要があり、飲み忘れることによって、望まぬ妊娠をしてしまう可能性もあります。
低用量ピルには、避妊をするための目的以外にもほかの作用があります。
たとえば、生理周期が安定するということです。
生理周期がバラバラの場合には、いつ次の生理がくるのかわからずに困ることがありますが、ピルを服用することによって、生理周期が安定するために、旅行などの計画もたてやすくなります。
また、生理前にイライラしたり、やる気がなくなったり、情緒不安定になったりする、いわゆる月経前症候群の症状も軽くなるとされています。
気持ちの乱れだけではなく、肌荒れやニキビなどのトラブルも軽くなります。
そして、子宮体がん、卵巣がんの発生リスクも低下します。
また、低用量ピルは月経痛を軽くします。
子宮内膜にふくまれるプロスタグランジンという物質が増殖するのを抑える働きがあるためです。
ピルによって子宮内膜の増殖が抑えられるために、出血する量も少なくなり、人によってはほとんど出血しないこともあります。
これら以外にも、子宮内膜症が軽くなったり、乳房の良性腫瘍の発症率も低下するとされています。
ピルは、産婦人科で処方してもらうことができます。
1か月でおよそ3000円ほどで買うことができます。

人気記事一覧
サイト内検索